植木鉢にいたねずみ 地下室にいるかもしれないねずみ 餌に群がるねずみ
    逃げるねずみ

    中毒や火災のリスク

    民家に侵入するネズミの種類には、3種類知られており、中でもクマネズミによる被害が大きいのです。彼らは、警戒心が...

    Readmore
    猫に追われるねずみ

    習性を知る

    ネズミを駆除するためには彼らの習性を知ることから始める必要があります。ですから、素人でもやってやれないことはあ...

    Readmore
    屋根裏にいるかもしれないねずみ

    信頼できる業者

    ネズミは、皆さんもご存じのとおり多くの病原体のキャリアーとなります。食中毒を引き起こすサルモネラ菌を保菌してい...

    Readmore

徹底的な退治

植木鉢にいたねずみ

ネズミ対策は専門家がいる害獣駆除業者に依頼すると安心です。
特に、飲食店では、彼らがいること自体が大変な問題になるのです。
なぜならば、彼らは食中毒を引き起こすサルモネラ菌などを媒介することで知られているからです。
飲食店で食中毒を出せば、その店の経営自体が危うくなってしまうものです。
ですから、専門の業者に依頼して徹底的に退治をしてもらうべきなのです。 続きを読む

ワナを仕掛ける

地下室にいるかもしれないねずみ

ネズミ駆除にはワナを仕掛けて行うことが主流になっています。
ワナとは、大きめの粘着シートのことです。
昔のように金網でできたネズミ取りを使うことはほとんどありません。
そして、粘着シートを仕掛けるにもコツが必要なのです。
彼らは、ニオイに敏感で、人間のニオイも簡単に嗅ぎ分けることができるのです。
ですから、粘着シートには人間のニオイが付かないように注意が必要なのです。 続きを読む

ネズミの習性

餌に群がるねずみ

ネズミ駆除は彼らの習性を知ることが大切です。
昔から勝利に結びつけるための戦術は、敵を知ることから始めると言います。
ですから、彼らの習性を熟知して、彼らに打ち勝つ対策を取るのです。
それでなくても、彼らは警戒心が強く賢い動物ですから、中途半端な対策では効果が出ないことが多いのです。
また、彼らは繁殖能力が高く、1匹でも見かけたらその数十倍は潜んでいると考えた方が良いのです。 続きを読む

ネズミの侵入を阻止

キッチンにいるかもしれないねずみ

これまで人が生活をしていく中で、常にネズミと隣り合わせの生活を送ってきた歴史があります。穀物を育て始めたといわれている弥生時代の高床式倉庫などは最たるもので、当時から収穫した穀物が保管中に被害にあっていたことがうかがえます。それ以降、建物にはねずみ返しと呼ばれる構造を持ったものが多く見られることからも、戦いの歴史は非常に長いことがわかります。そして、技術が進んだ今日でも、まだその被害は続いているのです。 続きを読む

ネズミとの戦いは続く

庭にいたねずみ

これまでもそうであったように、これからもネズミが絶滅することは考えられません。
数mmの隙間からでも体を折りたたむように侵入することができるため、古い建物などでは簡単に侵入をしてきます。
さらに、ドアが開いていれば、その間に侵入を試みてきます。
さらには自分の歯で噛み千切り、侵入経路をこじ開けて侵入してくるのです。 続きを読む

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930